これから駐車場シェアリングで投資を始めようと考えているあなたにとって

将来性は?

どんなサービスなのか?

どこの会社が良いのか?

いろいろと知りたいことがあるかと思います。

その点について、これから説明していきたいと思います。

駐車場シェアリングの将来性

駐車場シェアリングはまだまだ始まったばかりの市場と考えて下さい。

そしてこれから多くの企業が参入してくることが予想されます。

現状での大手言える企業は「特P」と「アキッパ」の2社が、さまざまな施策とシステムを導入して市場を形成しつつあります。

しかしこれは1社独占と言えないのが、この業界です。

なぜなら契約者、駐車場を貸す立場から言えば、様々なところから駐車場を予約したいと流入してくれた方が、効率が良いからです。

また2社でも手数料は異なり、「特P」は売上の30%、「アキッパ」は売上の50%となっています。

これだけみたら「特P」の方が良いかも知れませんが、「アキッパ」の方が先行して事業をしていたので、それだけ登録数は多くいて、既に収益を上げている人がいるので、なかなか乗り換えられないという所が正直な部分だと思います。

しかしこれはあくまで2社の比較なので、これから次々と大手も含め、中小企業も参入してくることが予想されます。

参入企業が増えるのはなぜ?

シェアリングエコノミーの浸透が挙げられます。

今までは他人の軒先の駐車場を借りる事に抵抗感があったかもしれませんが、これからは変わって行きます。

またサービスの提供側も、コールセンターを用意したり、保険を用意したりして駐車場を貸す側、借りる側それぞれのリスクを軽減させています。

次に挙げられるのが、人気スポットやエリアの混雑です。

今まではその近く住んでいた住人にしてみれば、違法駐車などが頻繁に起こり、単なる迷惑だったのが、今度はビジネスチャンスに変わるわけです。

そういった意味でも需要はこれから拡大していく事が予想されます。

また2020年には東京オリンピックも控えているので、競技場周辺はビジネスチャンスです。

このように需要があるところには、かならず供給が必要になります。

参入の壁としては、システム開発、コールセンター程度で、割と簡単に参入できるのではないかと思います。

もしかしたらこれから手数料は取らないで、駐車スペースに広告を出して、広告収入だけでやる会社なんかも出て来るかも!l※分かりませんが・・・

このように参入の壁は比較的低く、別のビジネスモデルとの組み合わせ次第では、方法は幾らであります。

駐車場シェアリングとはどんなサービスなのか

駐車場シェアリングのサービス内容は非常にシンプルです。

あなたの持っている家や土地の空いたスペースを時間貸しするだけです。

料金の決め方なんかはQ&Aなどでも紹介されていますが、最寄りのTIMESなどの駐車場料金よりも少し安い値段を狙えば良いそうです。

最終的には運営会社が料金の確認をして貸出がスタートします。

どこの会社が良いのか

先ほども紹介したように「特P」と「アキッパ」が現状は独走状態です。

ですが、これからお試しで始めるのであれば、「特P」の方が手数料が安いのでお得かと思います。

【特P】空きスペースを貸すだけ!毎月2万5千円の副収入

まとめ

簡単登録ですぐに、副収入になる駐車場シェアリングについてご紹介しました。

おこずかいと思って始めたら、結構稼げてしまうかもしれません。

是非初めてみて下さい。

【特P】空きスペースを貸すだけ!毎月2万5千円の副収入

おすすめの記事