駐車場シェアリングを始める前にしておくべき事を、今回はお伝えしたいと思います。

駐車場シェアリングを始めるのは非常に簡単です。

ですが初めて報酬を受け取ってから困る事が必ずできてます。

そうならない為にも、これから紹介する3点については、始める前に知っておくべき点となります。

その1、税金について

これから駐車場シェアリングでおこずかいを稼ぐにあたり、思ってもしない収入増により税金がかかる場合があります。

個人の場合と、事業によって異なるのですが、今回は個人の場合でお話をしたいと思います。

貸し手となって副収入を得ると、所得税が課されるケースがあることに留意しよう。例えば、会社員や年金生活者が自宅の土地を駐車場として貸し出す場合は不動産所得となる可能性が高い。控除などを受けるために確定申告をするなら、この不動産所得についても多寡にかかわらず申告する必要がある。

また、住宅用地として固定資産税や都市計画税の軽減を受けている土地の一部を駐車場として貸し出すと、その部分の土地については軽減の対象外となる可能性がある。自治体に確認してみるといいだろう。

抜粋:日経電子版 NIKKE STYLE「ネットで手軽に時間貸し 我が家の駐車場で副収入

日経電子版でも伝えられているが、会社員の場合は確定申告が必要になります。

また不動産所得の場合は、会社からのお給料などの給与所得と損益通算する事もでき、節税につながります。

その2、車だけではない

車がだけが対象ではありません。

バイク1台止められるスペースがあれば、そこで駐車場シェアリングを始めることが出来ます。

この微妙なスペースで可能だろうかと思ったら、サービスの提供会社に問いあわせてみて下さい。

少しでも自分の資産を最大化していく事、こうした小さな積み重ねが後に大きな資産を築いていく一歩だと思って下さい。

その3、事業として捉える

その1では、個人の場合を少しご紹介しましたが、事業として「商売」として駐車場シェアリングをとらえることもできます。

この駐車場シェアリングは、いわゆるまた貸しも可能な場合があります。

もちろん駐車場のオーナーさんに確認する必要がありますが、たとえば時間貸である程度収益化できそうなエリアで、月ぎめで貸しているような駐車場を借ります。

月極で3万円だっとしても、時間貸で4万円の収入を得ることが出来れば、1万円の収入になります。

まとめ

まずは初めてみることをおすすめします。

おすすめこちら

【特P】空きスペースを貸すだけ!毎月2万5千円の副収入

おすすめの記事